ダートラ練習会

仕事もバタバタと自転車操業が続いており、久しぶりに22時くらいに帰宅できたので更新作業をしようということで(笑)
さてさて。今回はこのご時世でどのように捉えられるかという恐れはありますが、オイラ的に思うことも含めての内容です。

震災の方も復興へ向けて、被災地の皆様を中心に頑張られていることと思います。

自分の日記では、そのような中で趣味の話で不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人のブログということでご容赦下さると有難いかと。

4月29日に久々にダートを走りに行くことにしました。純粋に練習です。
ガソリンの供給も落ち着いて来ており、日常生活に戻すことが自分なんかにできることかなと思っていたりします。
経済が回らなければ日本の復興はないと思われ、自粛一辺倒な最近の風潮に疑問を感じているのもあります。
また、このご時世で、ガソリンを無駄に消費する、自粛ムードの中で趣味で遊ぶと思われるかもしれませんが、競技場の運営会社などは、競技会がなければ収入がなくなり、廃業ということもあるわけで。
自粛することが全てと考えると、震災を理由とした2次被害が生じるのではないかなと思います。

ディズニーランドも液状化の影響なども受け、現在休園しているようですが、その間の入場料収入などはなくなり、スタッフの人件費を払うことも厳しくなるのではないかなと思います。
まあ、オリエンタルランドでは、正規の社員はほとんどいないので、従業員カットは簡単なのかもしれませんが、カットされる従業員が出るのであれば、その方々の収入は途絶えるわけで。
そうすると様々な方面に影響が出るのが必至ではないかなと。

それと同じようなことが我々の自粛により、あちこちに負の遺産として生じるのではないかなと思います。

被災地で必要な物は優先的に被災地へ。それ以外の部分では特に自粛をする必要はないのかなと思います。というよりも、こういう時代なので、お金を市場で回すことが必要ではないかなと思います。
語弊はあるかもしれませんが、ACのCMとは真逆が必要ではないかなと。必要でない物でも買うことが必要な時代。それが今なのかもしれません。
被災地で足りずに優先的に回すべき物とか、お子様に優先的に回すべきミネラルウォーターを買い占めるなどということは当然に避けるべきだと思います。そうでない物は購入して、製造業が元気になれば、あちこちでプラスの状況が生まれるのではないのかなと思います。

関東大震災の時の諸外国の日本に対する見方は、「日本はもう終わった」でしたし、太平洋戦争に負けた後にも「日本はもう終わった」でしたし。広島などは、人間はもうしばらくは住めないと言われながらも見事に復活しましたし。下を向いても仕方がないので、「やっぱり日本は早期に復活した」と言われるようになって欲しいものです。という廻りくどい言い訳のようですが、こんなご時世だからこそ、競技に復活です。

自粛も必要な場合にはとても良い方向へ向きます。ただ、自粛をすることで負の方向へ行ったり、時として見えない被害者を生む加害者になりうるということも思って欲しいなあと思います。
被災地の酒蔵の方が、「こういう時にいうのもどうかとは思いますが、是非飲んでもらいたい」という言葉に全てが凝縮されてしまってます。
くれぐれも「自粛をしない=悪」と決め付けずに行動して欲しいものです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://www.justmystage.com/home/brionac/

[PR]

by heart-beat_motors | 2011-04-06 22:47 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/15772905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]