やっぱりギャランです(笑)

2011年ものとなりますが、WRC PLUSという雑誌をバックナンバーで購入しました。
ギャランの特集号でした。
f0139466_112950.jpg

オイラがラリーというものを初めて知ったのがギャランの1000湖ラリーでの優勝の特番でした。
車がありえない動きをしているということで、当時中学1年生でしたが、「将来はこれに乗りたい」というくらいの衝撃で。
そこからラリーにハマっていったのが記憶に残ってます。
この頃は、男の子と言えば「将来はスポーツカーに乗りたい」といったように、車というものがあこがれの存在でした。
最近の時代では若者の車離れという状況のようですが、当時は車は胸をときめかせる存在でした。
AT車が増えたことが原因なのか、ミニバンが多くなったのが原因なのか、良く分かりませんが、車は単なる移動手段であり、単なる荷物を運ぶ物に成り下がったんでしょうね。
MT車で車を操る楽しさを知らない若者が増えたことが残念です。
モータースポーツの楽しさって味わうとなかなか抜け出せないものです。

久しぶりにギャランの特集を見ると、やっぱりギャランだなと。
ラリーも80年代から90年代が一番楽しかったかと。

最近の地球温暖化とかそういったことでエコカーが主流になってきてますが、車で楽しめる状況がどんどんなくなっていくことは止めたいものですね。
安全ということが優先されるので、勝手にブレーキをかけるとか、ますます車を操る人の能力を伸ばさない状況になって来ているので、どんどんドライバーの技量が下がって来ているかと思います。
昔のようにシンプルな構造で良いので、安くて操作する楽しさを伝えてくれる車が出てくることを祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2012-07-05 01:01 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/17727796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]