地区戦最終戦の分析~

今回の自分の車載動画と、とある方のを比べてみました。
非常にレベルの違う方との比較とは・・・・・・失礼千万ですが。。。。。。
ほんのわずかな違いなのが積もり積もると4秒差とかに開いてしまうという状況。
f0139466_18483047.jpg


ただ、今回収穫があったと実感した部分と、現実との比較をさせてもらいました。

対象になる方が本調子でないので、もっと本当は開いたハズですが。
一般的にシードゼッケンの方のタイムがそのくらいなので、比べてみました。

スタートから岬まで:0.5秒くらい
岬から象の鼻の出口経由の岬まで:1.5秒くらい
岬から裏ストレートを経由して大ヘアピン終わりまで:0.5秒くらい
最後の2周するところ:1.5秒くらい

う~ん。今回は象の鼻のところの侵入速度と、2周するところのオイル小僧看板あたりの車速の違いですかね~~
これが蓄積すると4秒差になるわけですね。
ただ、ほぼ変わらない部分もあるので、あと少し頑張れば良いかなと思ったり。
やっぱりドライタイヤの限界値を探りながらだとそこが大きな弱点として露見しますね。
今回の地区戦でオイラが良く発していた言葉は「まだあそこはグリップする。全く滑りもしない」でした。
特にタイム差が出たところですので。
まだまだ伸び代を確認できたので、良い経験になりました。
後は、チキンな心との戦いです(笑)
来年は頑張ります(笑)

外撮り映像を頂戴しました(富士山裏まで)のでペタリと(笑)
写真も動画も有難うございます。大変有難いです~~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2014-09-29 18:48 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/23030906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]