地区戦野沢はいろんなことがありすぎました。

関東地区戦の第5戦は野沢でした。
f0139466_23433326.jpg

f0139466_23442869.jpg

で、いろんなことが起こった一日。

24時に起床し、24時45分に出発。
で、ウチの子が見学に来たいということで、拾いに行きました。
が、寝落ちしているようで、結局ギリギリの2時まで電話をかけまくり。ダメでしたので置いて行きました(笑)
本人から電話が来た時には既に外環から関越へアプローチするところだったという。

で、関越の赤城高原SAを出発したら、エンジンのチェックランプが点きました。
一旦路肩に寄せてみるも、原因不明。で、とりあえず野沢へ向かいました。野沢付近になったらチェックランプは消えました。後で宮地さんに診てもらいました。エラーコードでだいたいの原因が判明?
で、当初はリタイアで帰ろうということを考えてましたが、とりあえず走れたという。
生まれて初めて野沢のコースを走りました。
【1本目】
74Rで様子見です。で、1か所、自信を持ってアクセルオン&ステアリングを真っすぐに・・・・・とやったのも束の間。土手が右手に見えるハズが・・・・・コースが見えます。違ったらしい。でブレーキかけてステア切って。。。。。はい。ダメダメでした(汗)

【2本目】
スタート前に録画を開始するのを忘れ、走行中に録画を開始したという余裕・・・・・(汗)
どこでブレーキをかけるのか、何速でいけるのか等々。まったく野沢の攻略法も見抜けぬまま終了~
ということで、結果は最下位。まあ、仕方ないでしょう。野沢は難しいんですね~


で、表彰式も終了し、1530頃野沢を後にしようと高速道路を見てみると・・・・・・
通行止め。昨年も野沢を見学しに行った帰りも同じでした。昨年は見事沼田ICで強制的に下ろされ、出口の大渋滞にハマり。今年は昨年の反省から出発前に高速道路の状況を確認。で、上信越道からアプローチ。
結局、上信越から関越へアプローチをしても結構な渋滞なので、北関東道で高速を降りてさいたま新都心から首都高へアプローチ。

ウチの子に渡してあげようと思ってたものを持って行きましたが、ウチの子を置いて行ったので届けに行くのには首都高からアプローチでした。
で、ウチの子のところへ物を届けて帰宅。2230頃には帰宅出来ました。

結局、上信越道の途中からほぼエンジンのチェックランプが点灯しっぱなしでした。次にエンジン掛けても同じでしょう。やれやれ。どうにかしないとですね。。。。。。。。

・ウチの子が寝落ちした。
・行きにエンジンのチェックランプが点灯した。
・朝の気温が8度だった。
・1本目でミスコースしそうだった。
・2本目で録画を忘れてスタートした。
・関越道が通行止めだったため、遠回りして帰った。
・帰りにまたエンジンのチェックランプが点灯した。

今日はヤバイ日だったのかも知れません。。。。。。。

が、一つ嬉しいことがありました。
オイラの乗っていたCP9Aと再会できたこと。
長野の方が大事に乗ってくださってました。で、速かった(笑)
生き別れ状態のようだったCP9A。まだまだ現役で嬉しい限りでした。
f0139466_23401274.jpg

最後のお別れの日のCP9A。
f0139466_2342997.jpg


さ~て。疲れたので、今日は早く寝ようとおもったら、もうじき24時間起きている時間になってしまいました(汗)
でも、色々なアクシデントとグダグダな走りしかできませんでしたが、野沢は楽しかったです~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2015-06-07 23:48 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/24111015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]