7/31(日)全日本ダートトライアル選手権第6戦 受理書到着しました

7/31(日)に開催される全日本戦の受理書が到着しました。
f0139466_17574929.jpg

3月の全日本戦は朝夕は寒かったですが、今回は真夏です。
どんなコースになるのかは当日にならないとわからないでしょうが、全日本戦は高速バトルになると思いますので、見応えがあると思います。
興味のある方は日本のトップカテゴリーの皆さんの走りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
http://super-dt.com/
ただし、暑いので、熱中症対策などはしてきた方が良いと思います。
前売り券も「ぴあ」で発売とのことです。前売り券1,500円(当日は2,000円ですが、JAF会員証があれば当日でも1,500円ですね)とのこと。
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1621903
さてさて。17日の関東地区戦で車を壊さないようにします。
で、31日は全日本戦です。
参加される皆様、お手伝いに来ていただける皆様、当日は宜しくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2016-07-11 18:05 | モータースポーツ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/25436161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by プラズマ☆サイクロン at 2016-07-12 22:31 x
こんばんは。
相変わらずの猛暑の影響で、過酷なラリーとなりそうですが、お体に気をつけてください。

来週、タカラトミー『トミカプレミアム』にて、GTOツインターボがS2000ともに発売されます。
Youtubeにて、開発主任・遠藤氏による公式の完成品先行開封レビューも行われました。
GTOは1990年、最後のFR車であったスタリオンの後継として、ディアマンテ/シグマの4WD車をベースに開発されました。
コーナリング性能には難があったものの、直線の速さはダントツで、他社の同クラススポーツカーを寄せつけないものでした。
小学生(低学年)のころに父に買ってもらった、小学館『21世紀こども百科』の「じどうしゃ」の欄で、見出しの車の構造を説明するコーナーに大きくそのイラストが描かれていまして、現在も手元にあります。

トミカプレミアムは、昨年度にシリーズがスタートした『トミカリミテッド』の後継のハイディティールモデルで、当初は"プレミアム"なのにディティールに難があったり、チューンドカーや輸入車主体のラインナップ、果てに"乗りもの"でさえない人工衛星のはやぶさ2が入っていたりと、コンセプト面で賛否両論だったのですが、新車が登場するにつれてディティールは車種によりますが徐々に向上、無改造の国産市販車中心のラインナップにシフトしつつあり、今後に期待を持たせるものとなっています。
GTOは最後尾の18番(S2000は17番。)で、ホームページやカタログの試作品はディティールが甘く感じられたものの、おもちゃショーに展示された量産品見本は修正され、S2000共々実車に近い仕上がりになっていました。
一応、来週の発売と同時に購入を予定しています。
Commented by heart-beat_motors at 2016-07-17 20:59
プラズマ☆サイクロン様
いつも有難うございます。夏の競技はエアコンレスの競技車にはつらい季節ですが、楽しんでいきたいと思います(笑)
トミカ情報有難うございました。GTOはリトラクのやつなんですね。GTOをモーターショウで見たときは結構衝撃的なカッコよさでした。トミカも購入したいと思います。
まあ、直線番長と言われましたが、1.9トンくらいの車重があったかと思いますので、仕方ないかなと。ただ、車速によってリップスポイラーが出てきたり、リアスポの角度が変わったりと少年時代な自分には刺激的な車でした。
その後、APのブレーキが奢られたりと、重たくて止まらない対策とかありましたね。