5/3(水・祝)Brionac主催ジムカ練習会申込は4/3(月)から

毎年恒例?のBrionac主催のジムカーナ練習会の申込が4/3(月)から開始されます。
f0139466_126716.jpg

基本的にゆるい練習会となります。自分の車で公道ではできないことを行い、車の挙動を知ることができるます。初心者初級者向けの練習会となりますので、お気軽にご参加ください。
申込詳細は下記URLをご確認ください。
http://brionac.justhpbs.jp/2017jimukakokuchi2.html

なお、申込期間は4/3~28となります。
場所は栃木県那須塩原市のドライビングパレット那須となります。
http://www.dp-nasu.com/

こんな感じの練習会です~


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2017-03-26 12:13 | モータースポーツ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/27670962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by プラズマ☆サイクロン at 2017-04-09 14:14 x
こんにちは。
無事に活動再開されまして、なによりです。

昨夜『おぎやはぎの愛車遍歴』で、篠健こと篠塚 健次郎さん(ラリードライバー)がゲストで出演されておりました。
篠塚さんは最初、正社員として三菱に入社し、その後は排ガス規制によるラリー活動休止などしばらく波乱万丈の人生でしたが、90年代に入りパジェロ(2代目)でパリ・ダカールラリーを制覇したことから一躍株を上げ、パジェロ人気の急上昇にも貢献しました。
愛車のうち2台目に紹介されたコルトギャランラリー仕様ですが、ある大会に参加中、路上の杭がステアリングギア部に突き刺さり、ブレーキホースにまで及んだことからハンドル&ブレーキの両方を封じられたものの、唯一生きていたサイドブレーキで難を逃れたとおっしゃっておられました。

ちなみに上記のように三菱のイメージがある篠塚さん、入社以前はベレット1500にお乗りだったそうで、最初の愛車としても登場しています。
ベレルの下級車の位置づけで、のちのジェミニ3代の前身となる車でもあり、流麗なデザインで人気を博しました。
同番組では以前、黒沢 年雄さんもお乗りだったことをご本人が語っておられましたが(あちらはグレード違いだったと思います)、前方視界の悪さが気に入らず、すぐに乗り換えられたそうです。
ゲストの多くが最初国産車で、有名になって財政に余裕が出てくるとベンツ・BMWといった名門メーカーの輸入車に乗り換えたり、あるいは最初から輸入車に乗り続けている方も目立つ中、契約ドライバーとして日産に移籍後も、変わらず国産車に乗り続けられていることに好感が持てました。

さらに近い例で、ますだおかだの岡田 圭祐さんはなんと180SXが初愛車(相方の増田さんはR32クーペ)で、最近のギャグのすべりっぷりからは想像もつかない、車選びのセンスのよさに衝撃を受け、ほかの場面をカットし、そこだけDVDにダビングしたほどです。
Commented by heart-beat_motors at 2017-04-18 17:57
プラズマ☆サイクロン様
しばらく更新しておらず、返信が遅くなりまして申し訳ございません。
篠塚さんの活躍についてはアイボリーコースト優勝やパリダカ優勝などが記憶に残ってます。
以前、氷上の走行会に行った際に、篠塚さんが来られていたので、篠塚さんのパリダカ優勝のラリーアートジャーナルを持っていき、サインをもらいました。
ご本人も懐かしく読まれてました。