三菱の車

先日、三菱のディーラーへご挨拶に行きました。
まだまだお付き合いは続くディーラーさんです。
三菱以外の車に行ったことが大変申し訳ない状況でしたが、とりあえずご挨拶にということで。
f0139466_10435615.jpg

12月に発売されるというエクリプスクロスのチラシ?を頂きました。
デリカD:5もおしゃれな仕上がりのモデルが出ていますね。
エクリプスクロスもどうやらエボ10の技術が盛りだくさんになりそうですので、同じクラスの他車よりワンランク上の走りができることと思います。

旧1号機も里子にでましたが、とても大切に乗ってくださる友人の下に行きましたので、車にとっても幸せなことと思います。まあ、出戻り歓迎です(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://brionac.justhpbs.jp/

[PR]

by heart-beat_motors | 2017-05-07 10:49 | | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://hiyococlub.exblog.jp/tb/27786405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by プラズマ☆サイクロン at 2017-05-07 13:26 x
こんにちは。
あのようにコメントしましたが、決して三菱車のことをお忘れではないと思っておりましたので、ほっといたしました。
エクリプスといえば、『ゴリラ』で純子(加納 みゆきさん)が退任後、8班にやってきた美奈子(田中 美奈子さん)の愛車がイメージされます。
これと同時にG5のミラージュも退任し(その後の消息がつかめませんが、どこに行ってしまったのでしょうか)、エクリプスがその座を引き継ぎました。
演じられた田中さんは、番組終了後にこのエクリプスをそのまま自分の愛車にしたという逸話があり、『おぎやはぎの愛車遍歴』にも当時の台本入りの実車が登場しました。

昨日はまたしても毒を吐いてしまい、大変申し訳ありませんでした。
車やメーカーの大小、経営戦略云々の事実は変えようがないにせよ、三本さんのような良識ある評論家先生はともかく、個人ページにおいて迷車・迷走・不人気・マイナー・不器用・販売店の力・○○のイメージが強い・こうしていれば人気が出た/変わっていた(タイムマシンで過去に行って、当時の担当者や上層部に小一時間ほど直談判しなさいということです。)などの数々の一言で、訳知り顔に嫌味たらしく車やメーカーの善悪を判断したり、存在を否定されることは悪意/善意のいずれをもってしても、幻滅と怒り以外なにも感じないものです。
古くからのそんな形骸化した思想の末、手堅く経営を安定させるトヨタ・ホンダと、ついていく/逆転を狙うためになにかしらの試行錯誤を重ねる日産・三菱・いすゞ・マツダ・スバル・スズキ・ダイハツ7社との戦略の差が如実に現れてしまい、結果として日産・マツダの経営不振、三菱のリコール隠ぺい+燃費ねつ造、いすゞ・ダイハツの乗用車部門消滅と、必死に努力を重ねたトヨタ以外の各社とそのユーザーばかりが憂き目を見せられ、現代のミニバン・軽自動車の大衆迎合的な車や、ごく一部のセレブ向け高級車が台頭闊歩する時代につながったと思っているのは、今も変わりません。
“はたらくくるま”ばかりの魅力では、車はどんどんつまらなくなります。
Commented by heart-beat_motors at 2017-05-07 18:21
プラズマ☆サイクロン様
いえいえ~、ごもっともなご意見だと思います。
三菱好きであることは変わりがないという状況ですのでm(__)m
販売店の方とも、「東南アジアに輸出しているランサー(フォルティス)をまだ国内でも売ってくれればね~」などとも話してました。
現在、家にまだCT9Aとⅰがありますので、まだまだ続きますし、たぶん、三菱に戻ってくると思います。
正直、三菱以外の車となれば、外国車にしないとと思ったのもあります。

ネットで調べた内容では全くあてにならないと試乗してみて思いました。
凄い褒めているコメントとは正反対に思ったり、批判されている内容が実はそうでなかったり。
ですので、ネット上のコメントの多くは信頼するような価値はないと思っていますので、自分は気にしないようにしています。
もともと、三菱車はガンガンに叩かれてましたが、見ず知らずの人間に言われるよりも、乗っていて感じるほうが信じられると思いましたので。
他にアウディS1・アバルト595・ボルボS60と試乗しながら探してました。この統一性のなさが新しい車選びが迷走していたことを物語るような(笑)
パジェロも考えましたが、自宅の駐車場にはサイズ的に入らないことや、まだミニバンやSUVに魅力を感じないことで、三菱以外の車となってしまいました。
今でもギャランVR-4が欲しい今日この頃です。
車はやっぱりfan to driveがないと魅力はないと思います。
まとまりがなく申し訳ありませんが、CT9Aも元気ですので、競技で車の性能を使えるように頑張りたいと思います。
Commented by プラズマ☆サイクロン at 2017-05-08 10:57 x
ありがとうございます。
そのお言葉で、多少気持ちが楽になりました。

ギャランですが、自分はVR-4よりMXが見つかればぜひ乗ってみたいです。
AT限定所持者というのもありますが(前期VR-4はAT設定がありません)、VR-4の派手なエアロやターボがない分、ギャラン本来のプレーンで大人しい姿を楽しめると思いました。
前期カタログ写真も別のページで見ましたが、クラウン/セドリック&グロリアに負けない(デボネアVがありますが、あちらはセンチュリー/プレジデントクラスに当たると思います)、聡明な佇まいでした。
CMでも、前期に限れば多彩なバリエーションでMXを積極的に前面に押し出していたのですが、実際にはその多彩なバリエーションのうちわずか1バリエーションのみの登場ながら、さらに若々しくハイテク満載の高性能なVR-4に人気が集中したのが残念です。
当時の車番組でもVR-4ばかりが取り上げられ、MXは一度も見たことがありませんでした。

ただし父子ともに日産車(T11エクストレイル&U14ブルーバード)に乗っている現在では、どうにもなり得ない話ですが……。
Commented by heart-beat_motors at 2017-05-09 00:28
プラズマ☆サイクロン様
こちらこそいつも有難うございます。
やはり自分はWRCでの活躍が強烈だったので、そこからラリーやダートラへと向かいましたので、やはりVR-4推しになってしまっておりますm(__)m
どちらかというと、派手な方が好きみたいですので、AMGモデルも欲しがったりと。
何気にデボネアの角ばった姿も好きでした。
平成の初頭まではMXも見かけましたが、もう、中古で出てくることもほぼないでしょうね(泣)
VR-4ももはや絶滅状態ですしね。
何はともあれ、今後とも宜しくお願いできればと存じます。