永遠の0

たまには本でも紹介で。
読んでいて良い本だなと思ったので。
「永遠の0」という本です。
f0139466_17593962.jpg

物語のベースになっているのは、日中戦争から太平洋戦争の時代で、零戦乗りの人をめぐっての話となります。
この物語では、単純に戦争はどうのこうのという内容ではなく、読みながら複雑に考えさせられる内容となってますね。
書かれている内容の裏に、作者からの投げかけが仕組まれていたりと読んでいて飽きずにというものです。
自分の祖父も太平洋戦争で帝国海軍軍人として若くして亡くなりましたが、その死というものってどういう意味があったのかなどと考えたりもすることがあり、そういった自分自身の心の部分とこの本というのがマッチングしてしまっているのではないかなというのもあるのかとは思います。
ただ、読み終えて、ものすごく広い部分を考えさせられた本でした。
この本は是非読んでみて欲しいと思いました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ランサーエボリューションオーナーズクラブ
Brionac(ブリューナク)
http://www.justmystage.com/home/brionac/

[PR]

by heart-beat_motors | 2011-01-18 18:00 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hiyococlub.exblog.jp/tb/15355245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]